1. Top
  2. » how-to 地直しと地の目 地直しについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
  • ジャンル :

水通し(縮絨)は必要なのか!?

まず初めに前置きとして。生地の寸法を安定させるための縮絨(水通し)は必ず必要なものなのでしょうか?答えは”ノー”です。した方がいい生地としなくていい生地があります。

ここでは、一般家庭で「作って」「着る」という点を念頭に解説しましょう。

手っ取り早くわかりやすい現象として、Tシャツや綿のシャツを買ってきて洗ったら縮んだという経験をした方も多いのではないでしょうか?縮むだけならまだしも、脇線が明らかにゆがんでしまったり(この歪みについては地のしで解説)。これは天然繊維で作られた製品に特に多い現象です。地のしや縮絨が十分に行われていない製品だとこのような現象がよく起きます。

この縮みを発生させにくくするための方法として縮絨作業を行うのですが、化繊類は水につけても寸法変化が起こりにくいので縮絨作業はしなくても大丈夫です。逆に、繊細なウールやシルク、レーヨンなどは水につけたりすると大きく風合いを損ねてしまうので、これもまた縮絨作業はNGです。特にシルクやレーヨンはスチームアイロンも厳禁。なので当然お洗濯不可=ドライクリーニングへGO!ということになります。

天然繊維の中でも、ホームソーイングで特に好んで使用される綿や麻などの植物系の繊維はこの縮みが大きいので、あらかじめ縮絨作業をしておくとよいでしょう。

先の説明で、縮絨とはあらかじめ生地を縮めておくことと書きましたが、この文面が示す通り生地というのは素材や織り、加工の違い、洗い方などによって縮むことがあります。特に綿や麻は繊維の断面図を見てみると中が空洞になっていて、水につかると空洞にも水が入り込み繊維が膨張します。そして乾くときに収縮するのですが、この時に最初の状態よりも更に収縮してしまうために縮みが発生します。これは特に最初にお洗濯したときに顕著に現れます。

リネンなどは更に、独特のシャリ感を出すために強く撚りをかけていたりするので、これもまた洗濯時の縮み原因になっているようです。

既製品の場合はお洗濯で縮みが出てはクレームにつながってしまうので予め防縮加工を施してあったり水洗い不可の洗濯表示を付けていたりするわけですね。

さて、ここでホームソーイングで作った服について考えてみましょう。今のご時世、「あたくし、お洗濯は全てクリーニングですの。ホホホ」なんて人・・・いませんよね(笑)。せっかく上手にできた服でも縮みや型崩れが怖くて着れないなんてことになったら本末転倒です。スーツやウール素材ならクリーニングに出すことを前提としてもいいですが、綿・麻の服は何度も洗いを重ねてこそ何とも言えないいい風合いになってくるのですから、家でジャブジャブお洗濯!を前提にするとよいでしょう。

生地として販売されているもの(綿や麻の場合)に関しては、きちんとした日本のメーカー製のものであれば湯通しなどの処理をしている場合が多く、そういった生地はそうそうびっくりするほどは縮みません。なのでサイズがあいまいな服に関しては縮絨をしなくてもOKかな?と思います。ただし、何度か洗ううちにある程度は詰まってくるので、そこを考慮して袖口や裾の折りしろを2cm程度多めにしておくなど、ホームソーイングの利点を生かして欠点をカバーしましょう。ジャストサイズで作る場合やどこのメーカーかよくわからない生地、特価セールの生地などは縮絨をした方が無難です。

さてさて。主に布帛、特に綿麻を中心につらつらと書いてみましたが、次回はニット生地の縮絨の考え方について書きます。次回もまた面白くないです。。。how-toではなく、読み物として軽く読み流してもらえればと思います。。。今回も長々とおつきあいいただきましてありがとうございました



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

地直しと縮絨(しゅくじゅう)

今回からは数回に渡って地直しについて書いていこうと思います。前回の地の目の回よりも更につまらないかもごめんなさい。

地のしと縮絨(しゅくじゅう)用語解説

地直し。めんどくさい言葉ですねぇ。。。皆さんは毎回地直しやってますか?なんじゃそりゃ??という方も、地直し迷宮に迷い込んだ方も必要なところだけ拾って読んでみてくださいな。

まず最初に、ここで使用する用語について少しだけ説明させてください。多くの解説書(特に初心者の方向けのもの)では「地のし」という作業と「縮絨」という作業をまとめて「地直し」として説明してあります。実際の作業では生地を縮絨させてからその流れで、あるいは同時進行で地のし作業に取り掛かるので2つの作業をまとめて地直しという場合が多いのですが、厳密に言えば作業は2段階に分かれます。地のしと地直しは同義語としてとらえられる場合も多いのですが、ここでは便宜上「地のし」+「縮絨」=「地直し」という定義で進めていこうかと思っています。

さて、なぜこんなに回りくどい説明をするかというと、上記の理由に加えて「地直し=水通し」と思っている方がけっこう多いからです。ホームソーイングでは水通しからアイロンかけまでを裁断前の下準備として一気に済ませる場合が多いので、このとらえ方が決して間違っているというわけではありません。ここでは、これらの作業を分解して理解することで、生地によって自分で判断して合理的に地直し作業をするためのヒントになればいいなぁと思うわけです。

まず用語の意味ですが、「地の目について」の項目で説明した「たて地と横地」を直角に整える作業を地のしと考えてください。これは主にアイロンで作業します。

そして、地のしの前にあらかじめ生地を縮めておくことを縮絨(しゅくじゅう)と呼びます。この縮絨の作業の一つが「水通し」となります。その名の通り、水につける作業の事なのですが、水通しせずに霧吹きを使用したりする場合もあります。

地のしは地の目を安定させること。縮絨は生地の寸法を安定させることなので、本来は別の作業になります。

さて、次回は布帛の縮絨についてもう少し掘り下げてみようと思います。文章だらけなのでページを分けます。その後、ニット生地の縮絨についても書こうと思っています。実際の縮絨の方法については更にその後になる予定です。長くなりますが、今しばしお付き合いいただければ幸いです。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
プロフィール

Navyyy

Author:Navyyy
洋裁の事。
パターンの事。
日々の出来事をつらつらと。

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
現在の位置

今ご覧のページはブログ内の下記の位置にあります

Navy plus ソーイング日記
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ how-to 地直しと地の目 地直しについて
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村新着記事
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

sewing machine manual 1920 / DaveBleasdale
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。