1. Top
  2. » 2012/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
  • ジャンル :

接着芯の使用目的

今回は接着芯の使用目的についてのお話です。

見返し、衿、前立てなど、いずれもくったりペタンとしていては美しく仕上がりませんね。そのような箇所に内側から張りを出したり負荷のかかる場所に強度を持たせたりと、着くずれや型崩れを防いでなおかつ生地を補強するために使用します。

接着芯を細く切った形状で伸び止めテープなどが売られていますが、あれもジャケット・コートの前端やポケット口などの伸び止めや型崩れ防止として使われるもので、形が違うだけで同じものです。

芯は貼らなくても洋服や小物類はとりあえず形にはなります。着ることも可能です。ですが着てみたら形は決まらないうえに安っぽい、そして何よりも洗ってみたらヨレヨレでは早々に着なくなってしまいます。せっかく時間をかけて作ったのにもったいない。

美しいシルエットの服をつくるために、そしてソーイングビギナー脱却のためにも、面倒がらずにいろいろな種類の芯にチャレンジしてみてください。

次回は接着芯の種類についてです。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

接着芯とはなんでしょう?

今回から数回に渡って「接着芯」について取り上げていこうと思います。 これからソーイングをはじめようとする方はもちろん「何それ?」状態ですよね。簡単な小物は制作したことはあるけど接着芯は使ったことがないという方や、衿などに使ってはいるけどなんで必要なのかイマイチわからないという方も多いはずです。ここでは接着芯についての基本をざっくりとご説明します。

そもそも接着芯って何?

接着芯というのはその名の通り、生地の裏に接着剤が付いていてアイロンで接着剤を溶かして貼り付けて使う芯の事で、洋服やバッグをほどいたことのある方なら見覚えがあるかと思いますが、洋服の衿やカフス、シャツの前立て類、バッグ等では必ず使用されている無地の布の事です。 タイプや種類は様々ですがこれらを総称して接着芯と呼んでいます。毛芯などの接着しないタイプの芯もありますが、一般的なホームソーイングではまず使用しません(びっくりするほど高度なテクニックを要します)。

使用箇所の代表的なものはシャツやワンピース類の衿・見返し・カフス・前立てや、スーツやコート類になると更に前身頃や裾にも使用します。 小物類は使用頻度も高く、帽子やバッグ、ポーチ類は生地によっては全面に使用したりします。

さて、あまり長くならないようにここで区切ります。次回は接着芯の使用目的についてです。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

初心者さんの生地選びとデザインの選び方

今回は生地とデザインの選び方についてです。

扱いにくいデザインや生地を選んでしまって途中で放棄する方って意外と多いんです。
そこで、これから洋服作りを始める方に覚えていてほしい、縫いやすいデザインと生地についてまとめました。


扱いやすい生地
ネットやソーイング雑誌を見ていると、あれもこれもと夢は膨らみますよね
お店にはかわいらしい生地がたくさんあって悩んじゃうし
ワッフル生地やダブルガーゼなんか手触りも柔らかで一目ぼれして買ってしまう人もいるのでは?
でも悲しいかな、ワッフルもダブルガーゼもある程度ミシンに慣れてから挑戦してほしい生地なんです。
ワッフルは洗うと生地がふわふわになってとても気持ちいいんですが、水通しすると大きく縮みますし(そのかわり生地に空気を含んでふかふかになる)、ダブルガーゼはくったりと柔らかくちょっどだけ扱いにくい生地です。

ではどんな生地が向いているのでしょう。
初心者の方はまず針や糸に気を遣わなくていい中肉からやや薄手の綿か麻生地を選ぶといいでしょう。地直しもしやすく裁断、アイロンかけ、印付け作業も楽です。

たとえば、綿ブロード・シーチング・ダンガリー・ギンガム・ハーフリネン・中肉のリネンなど。

ニット生地はできれば初めから2本針4本糸ロックを持っている方以外は、ある程度布帛でミシンに慣れてから挑戦した方が無難です。
ニットは布帛よりもミシンが噛みやすく、ほどきにくいからです。

扱いやすいデザイン
では上記のような生地を使って、何を作りましょう
綿麻の中肉生地なので、1作目におススメなのはウェストゴムの開きのないデザインのスカートやパンツ。小物と違ってパーツも大きく扱いやすいですし、パーツ数も最小限で何よりも少しくらい失敗してもハウスウエアとして気にせず着られます。

スカートやパンツに限らず、まず最初はファスナー付けや複雑な見返し、開きの始末のないデザインを選びましょう。
手書き画像、わかりにくくてすみません

初心者さんの為の参考デザイン1
ワンピースやチュニックだったらできるだけ袖付けのないものの方が楽です。
ただ、ちょっとわかりにくいのですが上の画像図Aのようにランニング型でバイアステープ始末にすると若干手間が増えます。バイアステープでくるむよりは、見返し始末の方が幾分楽です。
慣れてくると、かえってバイアステープの方が楽だったりもするのですが。


イージーパンツやイージースカートでミシンの使い方や印付け、地直しなどの練習をして、次は見返しや簡単なポケットなど、ちょっとだけ接着芯を使うものに挑戦するのがおすすめ。
そしてある程度慣れてきたら下記のようなものにも挑戦してみましょう。
  • 衿・袖付きのブラウスやチュニック、ワンピースやボタン開きのデザインのもの
  • やや厚手の生地類(デニム・キルト・帆布類 いずれも厚すぎないこと)
  • やや薄手の生地類(綿ローン・ガーゼ類 いずれも薄すぎないこと)
  • ニット類のTシャツ・チュニックなど(ロックミシンに慣れてから)

補足
ニットソーイングに関しては、2本針4本糸ロックを使用するのであれば実は布帛よりもはるかに簡単で初心者さん向きなのです。
ですが初心者の方が最初から4本ロックを購入するというパターンは少ないのではないでしょうか。
最初はまず手持ちのミシンでニットソーイングを挑戦してみて物足りなくなったらロックミシン購入というパターンが多いので、ここではあえてニット生地は布帛に慣れてから挑戦する生地として扱いました。
予算が許すのであれば、これからロックミシンを購入する予定の方は4本糸ロックを選ぶと作品の幅がぐんと広がって、制作時間は縮小されるので検討してみてはいかがでしょうか。


次回からは接着芯についてのお話です(長くなりますごめんなさい







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

ミシンの針と糸について ミシン糸編

今回はミシンとロックミシンの種類についてまとめていきましょう。


ミシンについて
皆さん一度は耳にしたことあるかな?「シャッペスパン」というと「レジロン」という
布帛ならシャッペスパン
ニットならレジロン
と、覚えておいても過言ではないくらい一般的に浸透したですが、シャッペスパンもレジロンも「株式会社FUJIX」という会社の商品名です。
手芸店の糸コーナーをのぞいてみると、布帛用はもうシャッペスパンの一人勝ちという感もありますが、もちろんほかのメーカーのものでも同じです。
ニット用はレジロンのほかにレオナ66を置いているお店も結構ありますし、最近では「エッフェル」という糸も販売されているようです。
エッフェルは水着やレオタードも縫えるという触れ込みなので、糸切れが起きにくいかもしれません。私はまだ使ったことがないので、購入する機会があればレポートしたいと思います。

一般的な布帛はシャッペスパンなどのポリエステルスパン糸
ニットやストレッチ生地類ならレジロン・レオナ66などのニット専用ナイロン糸
この2種類でたいていのものは縫えます。
補足として、布帛用に使えるものとしてポリエステル糸のほかに綿素材のカタン糸があります。綿・麻生地であればどちらでもOKですが、ポリエステル糸の方がいろいろな素材に使いやすいので二つ用意する必要はありません。
また、デリケートな薄手の合繊生地や風合いを大切にしたいシルク生地などでは絹ミシン糸を使用します。着物のリメイクをされる方でしたら綿地にはポリエステル糸、絹地には絹糸を使うといいでしょう。



上記に挙げた糸はしっかりとしたメーカーさんで出している物なので、やっぱりちょっとだけ高いです
ですが、ビギナーさんは特に手芸屋さんで売っているようなちゃんとしたメーカー製の糸を使用してください。
なぜかというと、初心者であればあるほど気を付けていても間違ってしまったり縫い目が曲がったりして「ミシンの縫い目をほどく」という作業が多くなるからです。

この縫い目をほどくという作業が、洋裁が嫌いになるまず初めの第1関門になります。とにかくめんどくさい。
ここで海外製の廉価版糸を使用していると、作業時間が倍に増えてもっと嫌になります


最近では一般の方でも工業用の太巻きの糸が簡単に手に入って、しかも200m巻の小さいミシン糸よりもはるかに安くて大変便利なのですが、廉価版の糸はどうしても切れやすいので、リッパーで縫い目をほどくときにうまくいかないことが多くなるのです。

もちろん、廉価版の糸が悪いということでは決してありませんよ。
一旦縫いあがってしまえば、そうそう簡単に糸切れが起きるわけではありませんし、通常着用するものとしては全く問題ありません。
心配な人はパンツやぴったりとしたシャツのヨーク・袖ぐりなど、強く力のかかる部分には使用しないとか、表から二重にステッチをかけて補強するなどしてうまく使い分けてください。

ロックミシン糸について
ロックミシンをお持ちの方は、ロックミシン専用の糸が販売されていますのでそちらを使用するのが一般的です。
家庭用のロック糸として販売されているものは多くがポリエステルスパン糸の90番手(#90)です。
番手については別記しますが、ロックはほつれ止としての縁かがり機能が最優先なので太い糸を使用する必要はなく、ミシンで地縫いをしたうえでロックをかけるという1本3本ロックとして使用するのであれば90番手のロック用ミシン糸を3本そろえればOKです。(普通に手芸屋さんで売ってます)

地縫いと縁かがりを同時に行う2本4本ロックとして使用する場合は、基本的には糸2本を状況によって50番か60番の糸にしましょう。つまり、糸は地縫いとしての機能を果たすのでミシンでの地縫いと同じ太さの糸を使用すると考えてもらうとわかりやすいかな?
60番の糸というのは上記で挙げたシャッペスパンなど。伸びない生地であればシャッペスパンをそのまま使用して構いませんし、揃えられる方はロックミシン用に60番スパン糸を用意しましょう。
また、ニットなどの伸縮生地の場合は、伸縮性を考えると糸にレジロンなどのナイロン糸を使用した方が良いでしょう。レジロンは番手が50番です。

巻ロック縫いをしたい場合は、1本3本糸ロックを使用するので、針糸に90番のロックミシン糸を使って、できればルーパー糸2本はウーリーロック糸を使いたいところです。
ただし、同じ色の糸を何種類もそろえるのは大変という時は、上ルーパー糸だけをウーリー糸にして残り2本を90番糸でも構いません。
また、巻ロックの真価が発揮されるのは極薄生地ですが、極薄生地や化繊類の場合はルーパー糸にウーリー糸を使うとごろごろしてごつく仕上がってしまうので、その際は3本すべてフジックス社の「巻ロックミシン糸」を使うといいと思います。この糸は100番手と糸の中では最も細いので繊細に仕上がります。


ミシン糸の番手について
ミシン針の項目でも番手の話をしましたが、糸にも番手があります。針は数字が大きくなるほど太くなるのですが、糸に関しては数字が大きくなるほど細くなります。主な番手は以下の通りです
ミシン糸の番手 用途
8番
(#8)
ステッチ/飾り縫い用
20番
(#20)
ステッチ/飾り縫い用
30番
(#30)
ステッチ/厚物地縫い用
一般的に販売されているシャッペスパン厚地用が#30
50番
(#50)
普通地縫い:用/ステッチとしても使用
一般に販売されているレジロン・普通地用絹ミシン糸が#50
60番
(#60)
薄地~普通地縫い用  
一般に販売されているシャッペスパン普通地用が#60
80番
(#80)
薄地縫い用/ロック用
90番
(#90)
薄地縫い用/ロック用
一般的に販売されているシャッペスパン薄地用/ロック用糸が#90
100番
(#100)
薄地縫い用/ロック用
一般的に販売されている薄地用絹ミシン糸・フジックス巻ロック糸が#100


工業用糸だと、レジロンは60番もありますしシャッペスパンは50番もありますが、そこまで厳密に分けて揃える必要はありません。

家庭用ミシンの場合、8番糸はまず使用しません。太すぎます。
20番もかなり無理があります。職業用ミシンなら何とか行けないこともない。
30番はパワーのすごく弱いミシンだとちょっと厳しいかも。
という風に、使える生地と糸はミシンの性能で左右されます。

これから色を揃えるという方は、とりあえずシャッペスパンなどのスパン糸の60番を1本買いましょう。ロックを持っていない、ニットを縫わないのであればまずはこれで事足ります。厚地や薄地を縫う時にそれぞれ30番や90番を買い足せばOK。
ミシンとロックに合わせて糸をすべてそろえようとすると、収納がいくらあっても追いつきません
ですからすべての色を揃えようとせず、ロックは中間色を2~3種類そろえて代用しても構わないと思います。

ん~
だらだらと長くなってしまいました

次回は針・糸・生地の適応一覧表を作成します。



こちらの記事もどうぞ


ミシンの針と糸について ミシン針編

ミシン針・糸・生地適応表




ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

ミシン針・糸・生地適応表

 今回はミシン針・ミシン糸・適応生地の一覧を作成します。

針の太さ 糸の太さ 適応生地
布帛 #9 #90~#60 ボイル・ローン・ガーゼ・ジョーゼット・オーガンジーなど ※1枚で着ると透けるような薄手生地が目安。柔らかい生地ほど糸調子は難しくなるので、できるだけ90番糸使用
#11~#14 #60~#50 綿ブロード・シーチング・オックス・ダンガリー・ギンガム・フラノ・サージなど
※目安としてはシャツ・ブラウス・ワンピース・薄手のパンツなどに一般的に使用される厚みの生地
#14~#16 #50~#30 デニム・キルト・帆布・ネル・コーデュロイ・ツイード・モッサなど
※目安としてはワーク系の厚手パンツ・トートbag・アウターのジャケットやコートなどに一般的に使用される厚みの生地
ニット #9 #50 生地の厚みと針・糸の関係は布帛の場合と同じです。ニット生地は同じ名称でも厚みがマチマチだったりするので実際に触ってみて試し縫いをして決めてください。 薄手ニット
#11 普通地ニット
#14 厚手ニット
ロック #9~#14 #90 適応生地は上記のミシン針に準ずる。ロックの場合はあまりシビアにならずに極薄、極厚の生地でなければ11番の針をセットしておいてもOKだと思います。また、2本針4本糸ロックの糸に関しては「ミシンの針と糸について ミシン糸編」を参照


◆補足

上記は全て、一応の目安として記載してあります。お店によっては生地名のはっきりしないものを販売している場合や、違う名称で販売している場合もありますし、デニムなどは厚みがさまざまありますのではっきりしない場合はお店の方に聞くのが早いでしょう。
また、例えば綿フロードを16番や9番の針で縫ったりしたからと言って間違いではありません。綺麗に縫えるのであれば問題ないと思います。ただし厚手の生地に細い針を使用した場合は針が折れやすくなりますし、薄手の生地に太い針を使用すれば糸調子がとりにくくなることを覚えておきましょう。

ミシンの調子が悪くなければ、針はそうそう折れることはありませんが、ヘビーに使っていると針先が摩耗して目飛びの原因になったりしますので、そうなった場合は早めに交換しましょう。



こちらの記事もどうぞ

ミシンの針と糸について ミシン針編

ミシンの針と糸について ミシン糸編



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

ソーイング日記 how-toの使い方

ちまちまとブログのテンプレートをいじってたんだけれども、飽きました


表示が崩れていますが気にしないでくださいね

さて、今回はこのブログのhow-toをご利用になる方の為にちょっとだけ前置きと注意事項を。。。

このブログにはこれから少しずつ、ソーイング洋裁をする上での基礎的なお話を掲載していきます。
当ブログに掲載する記事の内容は全てわたくしNavyyy(ネイビー)が約20年かけて収集・作成してきた資料が基になっていま
す。
  • これからハンドメイドをはじめてみたい
  • とりあえず生地は買ってみたんだけど接着芯?地直し??何それ??
  • いくつか作ってみたんだけど、、、なんかしっくりこない。もしかして間違ってる?
  • 子供の服は気軽に作ってたけど、大人服は難しそう。。。
こんな方は是非このブログ内のhow-to記事をじっくりと読んでみてください。

敢えて各項目を詳細に書いています。
本当ならビギナーさん向けにするのであれば、あれもこれも端折って最低限の事だけにした方がとっつきやすいのですが、そうすると必ずすぐに壁に当たります。

これは何もビギナーさんに限ったことではなく中級上級レベルの方でも同じで、たとえばこれまで何年も作品を作って来たけど接着芯は1種類しか使った事がないという人も少なくありませんし、私が教えていた生徒さんでも、もう何年も通ってこられているのに裁断から芯貼り、縫製手順まで付きっきりでアドバイスしないと作品を完成出来ない方も少なくありませんでした。
そうすると、そこから更にスキルアップしようとしたときにはビギナーさんと同じように情報を求めてさまよう事になるんですね。

洋裁人生30年になる私がいまだに彷徨ってるんだから間違いありません(笑)

そんな方たちの為に、できるだけ詳細な情報を掲載していこうと思います。

ただし。
ひとつの項目についての内容がやたらと長くてくどいです。すみません。
活字で多くの情報を伝えようとするとどうしてもね。。。
なので、いらない情報はバンバン読み飛ばしておいて、後でわからなくなったときにもう一度読み返してみてください。

生地や状況が違っても自分で判断して一つの作品を作り上げることが出来るようになればビギナーさん脱出です。



最後に、当ブログに掲載されている情報がもしかしたら間違っている場合もあるかもしれません。その時はすぐに訂正しますので教えていただけると幸いです。

また、読んでもなんかよくわかんないという時はコメントやメールで聞いていただければわかる範囲内でお答えしたいと思います。お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

全てのチクチク愛好家さんたちのお役に立てることを願ってやみません。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

過去作品 雑貨編

こちらは雑貨類です。
オークション作品や、バッグ屋さんに卸ていた作品などごちゃまぜです

気仙沼のバッグ屋さんに卸ていたのですが、震災でお店と一緒に作品たちも流されちゃいました。
でも店主さんは無事でしたよ!
今は場所を変えて再開しているそうです

あるときテレビを見ていたら、野田総理が気仙沼視察の際にそのお店のバッグを持っていてびっくりしました(笑)
頑張ってるなーと。私も頑張らねば












ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

オークションに出品した過去作品 洋服編

これもだいぶ以前にオークションに出品していた作品画像です。
当時とても人気のあったナチュラルテイストの綿・麻ものを中心に作っていました。
今でももちろん手作り派には人気の素材です。

当時のパターンが残っていれば、もう一度デザインを焼き直してパターンとして販売しようかと思ってます。
探さねば











ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

ブライスアウトフィット 2

こちらも過去にオークションに出品したブライスアウトフィットです。
当時は、バッグにも本革を使ってちゃんと開閉するようにしたりと、けっこうこだわって作ってました。

また見てるとまた作りたくなってくるんですよね~
実際にやると大変なんだけど















ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

ブライスアウトフィット 1

だいぶ前に、オークションに出品したブライスアウトフィットの画像です。
モデルのブライスさんは当時の生徒さんからお借りしました。(私は持ってないので)

端切れでできるし、とってもかわいいんですけど、ブライスはボディが小さいから洋服の作りにくいこと!
ジャケットとかバッグとか、細かいパーツのあるものに毎回泣かされてました(笑)










ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

布団皮リメイクのショルダーバッグ

オーダー品のデニムジャケットの端切れが余ったので、お客様に残布をいただいて作成した試作品画像です。
オレンジの生地は古い布団皮のリメイクです。

試作品だったので、100均で売ってる普通のベルトをちょん切ってショルダーベルトとして付けたのですが、お客様にこのバッグが欲しいといわれて慌ててちゃんとした革のショルダーベルトに付け替えてお譲りしました。

画像は、100均のベルトです。







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

デニムジャケット

毎日暑くてやる気が起きません
今日は過去の作品をいくつかこのブログにUPしようと思っています。
とは言っても、震災前まで私がやっていた別のブログに載せていた画像なんですけど

オーダーやらネットオークションやらで結構いろんなものを作っていたので、その中から何点かピックアップして転載します。

やっぱりハンドメイド系のブログは画像がなくっちゃつまらない。
でもまだ新作ないので

このジャケットはお客様からのオーダー品でした。

ウオッシュのかかったストレッチデニムで、着心地の良い1着になりました










ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
関連記事

ソーイング日記を開設しました

ふと思い立って本日ブログを開設しました。
navyyy(ネイビー)と申します。

このブログは、私Navyyyがハンドメイドのためのパターンのネットショップを開くまでの悲喜こもごもを記録に残そうと思って開設したのですが、せっかくなのでハンドメイドに関するヒントやアイデアなども載せていこうと思っています。

というと聞こえはいいのですが。。。
実は、ここ数日パターンに添える縫製手順書の雛形を作成していたのだけど、事前準備の項目をできるだけわかりやすいように詳しく書こうとしたらページ数がものすごいことになってしまい、すべてのパターンに添付出来るような文字数じゃなくなってしまったのです。

本来ならネットショップに載せるべき内容なのでしょうが、まだショップは準備を始めたばかりでいつになることやらなので、それならブログに載せてしまえ!と思ったのが今朝。
後先考えずに始めてしまいました(笑)

今のところ決まっているのはお店の名前だけ。
「navy plus」(ネイビープラス)と名付けました。
一番好きな色Navyを入れた名前にしたかったのです。
そして、差し色という意味合いでplusをくっつけました。


あまり気負わず、ゆるゆると更新していこうと思います。



ここからは私Navyの自己紹介です。
小学生のころはso-enを眺めつつ「どうして自分で型紙が引けないんだろう?」と考えてるような子供でした。
中学生のころの夏休みの自由課題は決まってキャミソールなどのハンドメイドを作り、高校の家庭科の授業は、課題では物足りなくて勝手にセーラーカラーのアランニットカーディガンを編んだりしていました。
現国や英語の授業中に教科書の陰で編み物してたり。

今考えると、先生にしてみればさぞ教えにくい奴だったことでしょう(笑)
今更ながらごめんなさい。。。
手芸や洋裁が好きというよりは、手を動かして物を作ることが大好きでした。今でもそれは全く変わっていません。
そんななので、家庭科と美術はいつでも5でした!(それ以外の教科は聞かないで。。。)



高校を卒業した後は文化服装学院を卒業して地元の系列校で教鞭をとり、その後一時洋裁の世界から離れましたがやっぱり舞い戻って来て洋裁教室を主宰していました。
洋裁の世界でも、洋裁から離れていた時も、ずっと人にものを教えるという職業でした。
知人からはよく天職だねと言われますが自分でもそう思います。
「あぁ!わかった!」と行ってもらえた時の笑顔がうれしくて仕方ないというか。

その後、洋裁教室は東日本大震災をきっかけに閉鎖してしまいましたが。
私の自宅は宮城県の県北で、震災時の震度は7。
経験したことのない揺れでした。
内陸部だったので津波の被害はありませんでしたが地震の被害は少なくありませんでした。
自宅のある地区に給水車が初めて来たのは地震発生から3週間後でした。
当時のリアルサバイバル生活は忘れようにも忘れられませんが、その話はまた追々。

震災後はすぐに小さなアパレルメーカーさんと外注契約をして、フルオーダーの縫製やパターン全般の仕事をやらせてもらっています。
今年に入ってアパレルCADを購入したのをきっかけにして、自分でパターンショップをやってみようかと思い立ち、少しずつ準備を始めたところです。

質問でも要望でもお叱りでも励ましのお言葉でも、なんでもいただけたらとっても嬉しいです♪
よろしくお願いします。

あぁ。長くなってしまった。。。
今日のところはこの辺で。。。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
プロフィール

Navyyy

Author:Navyyy
洋裁の事。
パターンの事。
日々の出来事をつらつらと。

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
現在の位置

今ご覧のページはブログ内の下記の位置にあります

Navy plus ソーイング日記
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2012年08月
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村新着記事
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

sewing machine manual 1920 / DaveBleasdale
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。