1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » how-to 接着芯の選び方と貼り方 接着芯の貼り方
  4. » 接着芯の貼り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村
  • ジャンル :

接着芯の貼り方

だいぶ間が開いてしまいましたが、今回は接着芯の実際の貼り方についてです。

本縫い工程と比べて意外とおろそかになりやすいのがこの芯貼り作業なのですが、navyはアイロン工程や芯貼り作業にとても神経を使います。理由は出来上がりの美しさを長く保つためです。せっかく苦労して貼ったのに、1回のお洗濯ではがれてしまっては何の意味もありませんよね。ちょっと面倒ですがきちんとした芯の貼り方をここでマスターしましょう。

準備するもの

  • 接着芯と表地
  • アイロン
  • アイロンマット(足のついていない平置き型のもの)
  • ハトロン紙

まず上記のものを準備しますが、注意するのはアイロンマットです。一般的にご家庭で使用されている足の付いたアイロン台は芯貼り作業にはあまり向いていません。理由は下記を読み進めていくとわかります。 お手持ちのアイロン台が向いていないからと言って、新たに購入しなくても大丈夫。座布団や古い毛布などで代用しましょう。何かと便利なアイロンマットの作り方も別の回で解説しますのでそちらも参考にしてみてください。

芯貼り手順

接着芯を貼るときに気を付けたいのが「温度」「圧力」「時間」の3つの要素です。この3つの要素がうまく絡み合わないと、芯がはがれてきたりしてうまく接着できなくなってしまいます。

接着芯はアイロンを使って貼りますが、そもそもアイロンというのは生地のしわを伸ばすためのものですよね。だからワイシャツやハンカチなどにアイロンをかけるときは前後左右にぐいぐいと動かすことが多いと思います。ですが、接着芯を貼るときのアイロンは全く違う動かし方をするということをまず覚えておいてください。以下に貼る工程をまとめました。

  1. まずはアイロンを中温(140℃~160℃程度)に温めておきます
  2. アイロンマットの上に裁断した生地を乗せ、地の目が曲がっていないか確認します。 ※裁断したパーツがゆがんだまま芯が貼られると、地の目がゆがんだまま固定されてしまいますので注意しましょう。
  3. 2の生地の上にあらかじめ裁断しておいた接着芯をふわりとのせます。 ※接着芯はアイロンの熱で若干縮む習性があります。ピシッと伸ばした状態で貼ると芯地の縮みに合わせて表地まで一緒に縮むことがありますので、芯地と表地の間に空気の層をつくるような気持ちでふわりとのせてください。
  4. 3の上に更にハトロン紙を乗せます(これを当て紙という) ※これは接着芯からしみだした接着剤(のり)がアイロンにくっつくのを防ぐためのものです。また、接着芯の表裏を間違えて貼ってしまった場合も直接アイロンにべったりとくっつくのを防ぐことが出来ます。家庭洋裁をやる方で、アイロンが汚れるという場合はほとんどが接着芯ののりによるものです。のりはついてすぐにリムーバーをかければ落ちますが、気付かずに放置してしまうともう落ちません。アイロンを長持ちさせるためにも芯貼りの時には当て紙を使用しましょう。
  5. 当て紙の上からアイロンをかけますが、まずは芯の中心にアイロンをのせてそのまま自分の体重をかけます。ちょっと力を入れるのではなく自分の体重をアイロンにのせてください。この時にアイロンを動かすとゆがんだ状態で芯が固定されてしまうのでアイロンは絶対に動かしません。そのままの状態で10秒ほど待ったらゆっくりとアイロンを離します。 次は最初にかけたアイロンのすぐ隣にアイロンを移動させて、またしても体重を乗せたら同じことを繰り返します。(下図参照)

上図のように最初に中心を接着したら、その直ぐ脇に最初のアイロンに重ねるようにして次のアイロンをかけます。まんべんなく放射状にかけましょう。下図のようにアイロンとアイロンの間に隙間が出来るとそこだけ芯が貼られずに残ってしまいますので、隙間ができないように注意しましょう

さて、アイロンはゴシゴシせずに押し付けるというのはなんとなくわかったかと思いますが、それではなぜ体重をかけなくてはならないのでしょう?
実は、接着芯ののりというのはアイロンの熱で溶かされた上で、適度な時間としっかりとした圧力をかけることによって生地に固定されます。つまり、熱を加えるだけではしっかりと固定できない訳です。

縫製工場では専用のプレス機がありますが一般家庭にそんなものはありませんよね。そうです、自分の体重がプレス機代わりになるんですね。

これでしっかりと芯が貼れました。あとはそっと平らな場所に置いて、しっかりと冷えるまで触らないようにしましょう。まだ温かいうちに触ると、せっかく固定したのりがはがれてしまいます。

ここまで長々とおつきあいくださりありがとうございました。これでひとまず接着芯については一区切りとします。次回は「お手軽アイロンマットの作り方」についてです。

スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 石巻情報へ
にほんブログ村

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://navyplus168.blog.fc2.com/tb.php/20-56132856

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

プロフィール

Navyyy

Author:Navyyy
洋裁の事。
パターンの事。
日々の出来事をつらつらと。

最新記事
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
現在の位置

今ご覧のページはブログ内の下記の位置にあります

Navy plus ソーイング日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
Navy plus ソーイング日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年01月 17日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ how-to 接着芯の選び方と貼り方 接着芯の貼り方
  └ 接着芯の貼り方
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村新着記事
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

sewing machine manual 1920 / DaveBleasdale
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。